2009年12月24日

アパート経営 I階部分の空室対策!

アパート・マンションの1階部分は、一般的に敬遠されがちで、空き部屋の発生率も高いのですが、この1階をキッチリ押さえておくと物件の好感度とともに、建物の全体のイメージアップにもつながり、ひいては空き部屋防止策ともなると思います。

 1階部分が不人気な理由としては、
 ・ 日当たり、風通しが悪い
 ・ 外部からの視線にさらされる
 ・ 防犯面で不安
 ・ 人の往来が多い
 などが上げられます。

 したがって、これらの要素を解決すれば、必然的に問題解消にも結びつきます。

◆ 戸外からの視線をカットする
 ・ できるだけ道路側にベランダを配置しない。
 ・ 1階部分をかさ上げして、階段でいえば5〜6段程度高くする。
 ・ ベランダを設置した場合、壁を高くする。
 ・ 植え込みあるいは大型の鉢植えを置き、栽培しやすく年間を通してグリーンなゴールデンクレストなどを植える。

 1階部分にこうしたグリーンが設置されると、物件のイメージは格段によくなります。

◆ 付加価値指向
 ・ 1階の各部屋は思い切って独立した専用の玄関(出入り口)を設置する。
 ・ 専用庭を設ける。
 ・ 1階部屋をペットOKとする。


posted by navi at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック